Topicsトピックス

私はぽんちゃん これは、私の物語ーー

2018.06.12 written by

ぽんちゃんです(*´ω`*)

 

タイトル、何事かと思われますね(笑)。

この台詞回しでピンと来た方は僕と一晩中このゲームのネタについて語り明かせると思います(*´艸`*)

 


DETROIT

become human

 

はじめにデモ動画が公開されたのが多分6年くらい前。

その頃からすごく興味があって発売を待ちに待っていた次第です。

3人の主人公を主軸にストーリーが展開され、プレイヤーの選んだ選択肢によって様々な結末へと分岐してゆくスタイルのこのゲーム。

 

 

舞台は2038年の近未来、タイトルの通りアメリカ・ミシガン州にあるデトロイト。

アンドロイドが人々の生活を支える社会ーーと言うと聞こえは良いですが、そのせいで失業者が激増。

人間VSアンドロイドの構図が下火ながら出来上がっています。

 

造られた個体・アンドロイドには感情がないため、理不尽な扱いを受け続けますが、

ある時を境にアンドロイドが人間の感情を模倣するかのような謎の変異を遂げるという事件が起こり始めます。

主人公3人はすべて、その変異で自我を確立したアンドロイドたち。

トレイラーでプレイヤーに語る

 

私は〇〇、これは、私の物語ーー

 

本来自我のない存在が、確固たる存在として自分を認める意思が、この1フレーズに凝縮されていると思います。



 

このゲームの舞台となるデトロイト。

戦後世界有数の工業都市として有名ですが、歴史的背景を覗くと1967年7月にアフリカ系アメリカ人による「デトロイト暴動」が市内で発生しホワイト・フライト(白人の郊外への脱出)が盛んになったそうです。

1970年代には日本車の台頭により自動車産業が大打撃を受けリストラや倒産が相次ぎ、ダウンタウンには浮浪者が溢れ治安悪化が進みました。

 

時代は繰り返す、といった感じで、イメージ的にはこの時代と重なる部分がありますね~。(あくまで個人的見解です)

 

ゲームのシステム的には自分の選択肢によってストーリーが分岐、マルチエンディングが搭載されているアクションアドベンチャーゲーム。

僕が初めてこの手のゲームをやったのは「かまいたちの夜」とかが近いのかな?

「やるドラ」シリーズとか、流行りましたもんね~。

その頃に比べると、テキストを追いかけるだけのものから映画を見ているかのようなクオリティに跳ね上がりました。

う~ん、技術の向上ってほんと凄い!!

 

このゲームスピンオフの映像作品がyoutubeで公開されているみたいです。

しかも舞台は日本の模様。

興味のある方は探してみてくださいね~(*´艸`*)

TOP
ミリオンジャック

このサイトはパチンコ・パチスロに関する内容を含んでいます。
あなたは18歳以上ですか?

はい

サイトを閲覧する