Topicsトピックス

TALK STAFFぽんちゃん

タイトルの単語は、中学生で習うとても単純な単語。

類義語で

speak,say,tellがありますが、『話す』という意味合いで

僕はこの単語がいちばん好きだったりします。

会話とか、対話とか、相手があっての話、コミュニケーションと言うニュアンスが強いからですね。


先日はこのTALKにちなんで

映画『聲の形』のレンタルが始まったということで早速鑑賞してみました。

公開当時はあまり良く知らなかったのですが、ふとTSUTAYAでレンタルされてるのを見かけて手に取った次第。


人はいろんな後悔を抱いて生きてゆくものですが、

人との関わりの中でそれを許し、許され、その後悔を浄化して生きてゆくものでもあると思います。


ストーリー的には、前半はものすごくヘビーでおそらく大半の方々が昔を思い出すのでは無いでしょうか。

どのサイドに立つかは人それぞれでも、この前半の話の主軸は

学校のいじめ問題

ですからね。


子供の世界は良くも悪くも大人たちに守られていて、狭い社会がそこにあって。

ヒトの多様性を目の当たりにして受け入れていくには厳しい環境。

1校、1学年、1クラス、1集団・・・

細分化されたコミュニティで

自分たちと少しでも違う対象が現れたら

そりゃ戸惑いますよね。

それが、転校生だったり、劇中の耳が聞こえない少女であったり。


うまく受け入れられる子もいれば、排他的な子もいて、周りを気にして両者に話を合わせて凌ぐ子もいたり。


ラストに向けて、このいじめ問題から後悔の浄化にシフトしていきます。

まぁハラハラしながらおっさんが画面に食いついてたわけですよ(笑)

見ごたえは十分でした。

気になるかたはぜひ、レンタルして観てみて下さい。


TALKといえば、もう一つ。

coldplayのTalkの歌詞を、この映画を見ている時にイメージがかさなってしまいまして。

久々に聴いてみた午前零時。

うむ、雨の日に聞きたい一曲ですな。

こちらも、オススメ。





ミリオンジャック8月号(8/1発刊)にて

【第2回 夏のイケメンスタッフコンテスト】を開催します!

愛媛県内のホールスタッフさんなら誰でもOK!

あなたの知っているイケメンスタッフ情報をお寄せください♪

自薦・他薦は問いません(情報提供は匿名でOKです!)

詳細はコチラから!

去年大好評だった第1回開催分もココから確認できますよ(*^^*)

TOP